2015年11月24日

麹(こうじ)造り

酒造りに欠かせないのは麹(こうじ)です。

麹の役割はお米を溶かすことです。
麹菌がお米のデンプンを糖に
分解してくれるのです。

麹は日本酒の味に
大きく関わる要因の一つです。


仕込み期間、ほぼ毎日麹造りをしています。

麹造り@.jpg

麹造り専用の部屋、
麹室(こうじむろ)の平均室温は
35度くらいはあります。

麹造りA.jpg
この暖かい部屋で
昼夜問わず麹の温度を管理します。

蒸したお米から麹米ができるまで
50時間以上と、
とても時間と手間をかけています。

毎回の麹が勝負です!中村
麹造りB.jpg
出来上がった麹↑


posted by 神の井 at 12:47| Comment(0) | 神の井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

蒸米

昨日の記事に続きます。

前日甑(こしき)に投入したお米を
蒸しました。

今回お米の総量は約100キロ。
仕込み1号の麹になるお米です!

蒸し時間は約50分↓
蒸し@.jpg


長いようで短い時間なのです…
担当吉川もなるべく近くにいます。

蒸しA.jpg


蒸しあがったら、
各人担いで蒸米を移動し
薄く広げ冷まします↓

蒸しB.jpg

この日の蒸し具合はまずまずです。
良い吟醸麹になることでしょう。

            中村
posted by 神の井 at 23:46| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

今年の酒造りが始まりました

今年の酒造りが始まりました!
今日は米洗いの様子を少々ご覧ください。


今年B.jpg

米袋からカゴへ米をあけます↑
一つの米袋に30キロのお米が入っています。


今回(初回)は福井県産五百万石、精米歩合50%!


今年@.jpg
皆で手で洗います。
米洗いは「米を洗う」と同時に「米の吸水」を目的にしています。

水分を多く吸っても、少なくても駄目!



今年C.jpg

見た目吸水後の米の重量を見て、
給水時間を決めています。



今年A.jpg
そろそろかな・・・
という時間で杜氏が水からカゴを上げるように指示を出します。




今年D.jpg
甑(こしき)に洗ったお米を投入!
いい蒸しができますように!


蒸しの様子は次回にまた。

              中村
posted by 神の井 at 23:10| Comment(0) | 神の井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする