2012年05月31日

東広島へ行って参りました

ブログ更新

会場外観.JPG
独立行政法人 酒類総合研究所の主催する全国新酒鑑評会。
前回、結果をご報告いたしました。
今回は、全国新酒鑑評会 製造技術研究会(東広島)
に行ってきた件について書きます。

毎年、全国新酒鑑評会の出品酒が試飲できる「製造技術研究会」が
東広島会場で業界向けに催されています。
6月15日には、東京会場で一般の方向けに「日本酒フェア」が催されます。
入賞も気になるところですが、実際に味を比べてみることはとても大切で、
製造者としても、日本酒ファンの方もとても貴重な機会だと思います。
詳しくは下をご覧ください。
日本酒フェア2012 



会場内.JPG
さて、当日の様子です。
全国の製造者で、会場は埋め尽くさんばかり。
とくに人気なのが福島・山形です。
こちらは私たちが会場に到着したときには、
残念ながら味をみる事ができないお酒もありました。
私は今回初めてこのイベントに参加しました。
各地方のお酒の味を一度に比べると、
それぞれに特徴がでていて実に分かり易かったです。
そして、やはり金賞受賞酒はどのお酒もすばらしい、
これもそれぞれに際立つ特徴があります。
分かり易い表現ですと、香り良好、後味すっきりなど(一例です)。
弊社の出品酒は、透き通った味、滑らかさを持っていた点が光ってました。
あくまで私個人の感想です。

東海地方の酒は、愛知県の酒は、神の井は、
全国の技術者からどう感じられたのでしょうか。
反応やいかに、です。

弊社杜氏は、例年に無くとても自身の酒が気になっていたそうです。
その横顔は、納得のいく、そして来年への決意にも感じました。
posted by 神の井 at 16:47| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

全国新酒鑑評会 金賞受賞

今日、本年度全国新酒鑑評会の本年度の結果が
主催者 独立行政法人 酒類総合研究所のホームページに掲載されました。
各結果については、リアルタイムで、
各お蔵さんや日本酒ファンの方達のツイートが見れて面白いものです。
便利な時代です。

さて、神の井の結果は、みごと金賞受賞!!!
誇るべきは、6年連続の受賞となる点です。
杜氏は、今年も長い冬を一人で蔵を切り盛りしてきました。
たくさんの仕込みの中でも一番手を掛けるのが大吟醸酒です。

発表まではだれも結果についてはあまり口にしません。
なので金賞受賞した時の喜びはひとしおだと思います。
私もいち蔵人として誇りに思います。

今回の栄誉に慢心することなく、
今後とも精進して酒造りに励んで参る所存であります。
posted by 神の井 at 13:56| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

春到来

甑倒しの宴.jpg

桜の時期も過ぎ、春真っ盛りです。朝こそ少し冷えるものの、日中は汗ばむ陽気になりました。当蔵神の井の酒づくりは先週ですべて終わりました。

今日から神の井蔵人によるブログを書かせて頂きます。酒蔵における何気ない出来事などちょくちょくと掲載していけたらいいな、と思います。
日本酒にご興味ある方、神の井を知って下さっている方、皆様どうぞお付き合い下さいませ。

写真は甑倒し【こしきだおし】の祝いの席のものです。
甑とは お米を蒸す「せいろ」の巨大なものです。
ひと冬、この甑でお酒の原料のお米を毎朝蒸します。
この作業が全部終了した日の事を私たちの言葉で「甑倒し」と言います。
posted by 神の井 at 17:50| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする